実録・奏士女になるために。

こちらは2017年5月の頭から終わりまでのリアル一ヶ月の記録です。

ツイッターには記録しておりましたが、サイト上にも覚書としてまとめました。

長いのでお暇つぶしにでもどうぞ。

 

 

220年1日に成人したキーリカ・ル・アンリは、それまで必死に守り抜いてきた2歳上のクラウディア・コロン(ディディ)と即日恋人になります。
その後グイグイやってくるディディの押しに負けて2回デートし、成功させています。

 

(ディディちゃんかわいい)

 

その頃の奏士アナトリー・アシオンには恋人がおらず、しかもアナトリーの意中の女の子はクラウディアと凄く面倒なことになっていました。(成人前に奪われたのでリセットした気がする…。)同時期に独身が彼らしかいなかったことも問題でした。
そのためキーリカの同級生であったエフィー・ヴァンフック(当時の巫女の次女)と仲人してみることにします。

 

が、

 

アナトリー → ディディ⇔キーリカ ← エフィー

 

という一方通行な酷い状態に陥りました。

 

アナトリーとディディの性格が同じだったので相性最高だったみたいです…。そしてキーリカとエフィーちゃんも性格が近くて仲良くなりやすかった…。

泣く泣くアナトリーをハートドロップでエフィーちゃんと同じ性格にしました。そのあとはスムーズ……結局彼らがくっついたのは年末でした。長かったです…。(スキップはしないプレイスタイルです)

 

(常時超くさいにしてエフィーちゃんを遠ざけながら頑張ったよ僕…)

 

というわけで奏士になるための下準備にとても時間がかかりました。

ここからいよいよ奏士になれるように頑張っていきます。既に成人から1年になろうとしていました。

 

時は成人の翌年、221年の星の日前に移ります。

 

(この頃は両親とキーリカ・キリルカリスの兄弟、おじのモルカン夫婦(画像右から2番目肌3オレンジと水色髪)が同居していました)

 

アナトリーには恋人が出来たばかりだったので、じゃあディディちゃんも奏女検証に付き合ってよ、ということで、ディディもハートドロップで奏女と同じ性格にしてみます(相性が悪かった)

ちなみに、奏女はディディちゃんの1つ下です。

 

 

で、20日近く何をしていたかというと、弟の仲人をしていました。

 

(マリサちゃん!!!そいつじゃない!!!!!!弟にして!!!)

 

相変わらず超くさいのままのキーリカです。

アナトリーの恋路も弟の恋路も邪魔してしまっていたのですから、なるべく好感度を下げるのに必死です。

 

(つらい。マリサちゃん好きなんだよーー義妹になって!)

 

ライバルのアレイスターを、試しに磔にしてみたところ、

マリサちゃんは朝一キーリカ→キリルカリスと行った様で

 

 

 

恋人になってました。やったーーー(こちらも1年近くかかっています!!)

(ルカリスもハート食べさせてます…もうこじれ具合酷くて…)

 

その後は奏女アイナ・シャイエとディディちゃんを仲良くしようの試み。

 

朝1から活動していたのでご飯食べ損ねが多く、同居してるおばが心配してやってきてくれました。

 

ちなみにこの頃、星の日の夜に同居のおじ夫婦に娘が生まれています。我が国は出生制限がかかってしまい4年ほど子どもが生まれず結婚から数年、やっとうまれた娘でした。(この制限解除のトリガーがキーリカに引き継ぐことでしたので本当に待望の娘でした)。同居しているので妹のようですが従妹です。弟が即添い寝してた悔しい。

 

話がそれました。

 

この頃アナトリーがよく話しかけてきます。

 

エフィーちゃんとのデート進行は観察していませんでした。

 

実のところ、この裏で奏女の引継ぎに1度失敗しておりまして、その時の候補者エーヴリル・ルガードの観察がはじまっていました。彼女には既に彼氏がいました。

どうあがいても奏女になるようだったので、選択肢を出さないという悪魔の所業で磔にすることにしました…ごめんね。

(弟の恋路と同時に奏女ちゃんー?!!もしていた上にエルネア杯だったので、非常にしんどかった記憶があります…)

 

(マキシムくんは後に奏士となります)

 

磔中でもグイグイなディディちゃん。すみません。

 

アナトリーもよくやってきます。

 

エーヴリルちゃんを磔にしたのは、いつどのように奏女がやってくるかの観察もするためでした。申し訳ないと思いながら観察…。

 

1日目。この日はフル磔。

(彼氏くんごめんーーー)

 

(ほぼ朝一番にアイナちゃんがやってきています。足元にいむぐるみ置いていきました)

 

2日目。

 

 

この日は朝3と昼3の2回。夕刻には磔をやめ、奏女を捕まえてディディとの仲人に連れ込んでいました。夕刻以降が親密度上がったまま翌日を迎えられるからです。

 

夜まで連れ込みます。夜はそのまま帰宅しちゃいますからね。

 

3日目。

 

(クレミーくんは本当にエーヴリルちゃん好きだなぁ、いいなぁ)

 

即アイナちゃんもやってきます。

 

夕方にはまた連れたって探索へ行きました。

 

このまま続ければうまくいくのではと思っていた矢先、

事件が起こりました。

 

探索を終えて外に出るとアナウンスが流れたのです…

 

 

……は????

 

郊外の邸宅のル・アンリてうちだけど……は??僕ここにいるけど??

 

みたいになりました。

 

神殿に転移すると

 

弟おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

 

動揺しつつ弟の神職姿を激写しました……

いや…弟大好きだけど、そうじゃないんだってえええええええ

 

こうなった理由を考えていて、

その時の私はある可能性に思い至りました。

 

「ディディ(恋人)と同じようにアナトリー(奏士)も来ていた。」

 

つまり打診は既に始まっていたようです。いつからだよ…。

 

「自分もキリルカリスもエーヴリルちゃんも付き合っている人がいる。」

 

にも関わらず引き継げない理由

 

「この記事の冒頭ディディと2回デートしている。」

 

これじゃねーーーか!!!!!!

 

と思い、

 

前夜4刻にセーブしていた私はサーバーロードを行いました。

そして真っ先にディディちゃんのところに向かう。

 

 

リアルに号泣しながら別れを告げた………

 

我ながら酷いと思う。

 

成人してから2年間、ずっと超くさいにされて独身を守り抜いたのに、更に2年間結婚させてもらえず、奏士になれないからという理由で別れを切り出すんですよ酷すぎる。

 

この時キーリカのままディディのそばにい続けてそのまま召されてもいいと、本気で考えた。(キーリカの先祖にはいわくがあるため血族継承と子孫繁栄を使命とし、旅人再入国禁止にしている一族にも関わらず)

 

 

そして神職を目指していても、恋人にはなれるのですぐ取り戻そうと思った。

 

つめたい。

 

ゆるしてもらえない。

 

泣きながら、翌朝(二度目の23日)も同じようにエーヴリルちゃんを磔にして阻止する。

 

朝一番にディディちゃんがアナトリーに会いに行っていたので、凄く焦った。そりゃそうだ、キーリカよりもアナトリーのほうが仲良しなんだから…!!!!つらい。

 

時間的に昼のデート終わりだろうと思っていたので待つ。

 

きた。

 

そして私はエルネア人生二度目の奏士となる…

 

嬉しくない!!!!!!!!!

 

奏士になったので即ディディちゃんの元へ。

 

「…奏士になれました」

「やったじゃない」

 

もう誰にも渡さないことを誓う。

 

 

でもデートはダメなの……

ここまできたらディディちゃんも検証を完遂するまでダメです。

毒を食らわば皿までです。

 

 

相変わらず奏女のアイナちゃんはエーヴリルちゃんを追いかけています。

 

キーリカが奏士引継ぎに失敗したため、その逆をやってみようということになり、今度はアイナちゃんを磔にすることにしました。

その間にエーヴリルちゃんには自由にしてもらい、恋人とデートしてもらおうと思ったのです。

 

無事デートの約束をしていた翌日の朝

 

アイナちゃんの恋人とのデート進行が思わしくなかったので、アゼルくんとも仲良くなっていました。ディディちゃんとアイナちゃんを仲人している間に、キーリカとも仲良くなりすぎて、またキーリカが邪魔になってしまっていたんですけど、そのおかげで引継ぎ行動をするようになってくれてました。

そんなわけでアゼルくん、申し訳ないのですがもうちょっと待ってくれ…。

 

昼、デート観察に向かうと、すかさず開放されたアイナちゃんがやってきますが、とりあえずおーいしておく。

(ごめんよーどのみち話しかけることは出来ないよー…)

 

そしてデート先の神殿。

成功していました!

よし、ではどうなる?!と思いアトリウムまで来ていたアイナちゃんに行き先を尋ねます。

 

ほほう郊外通り…(エーヴリルちゃんがいる場所ではない)

 

ディディちゃんはというと

郊外通り!!!

 

数秒後、

農場通り……

 

農場通り!!!

 

Eに行ったディディちゃん。

 

Eに行こうとするアイナちゃん。

 

これはもう間違いないでしょう。

 

 

移動中のディディちゃんをおーい。

 

やってくる赤い影。

 

話して…

 

 

 

連れて行かれて……

 

 

交代しました。

 

 

こうして無事に奏士女カップルが誕生しました。

 

キーリカが成人して2年になろうとしていました本当に長かった……。

 

この後、

 

ディディちゃん(滝)→キーリカ(神殿)→キーリカ(滝)

と3回デート成功をしたあと、即日還俗するディディちゃんでした。

(めちゃくちゃ早すぎて驚いた。この時彼女の父に兆候が出ていたので早く結婚したかったようです…ごめんなさい)

なお、この次の日に「こうしてデートするの何回目かな?」(4回目だよ)のあとにプロポーズできるようになり、キーリカも還俗し、結婚しました。

 

そしてそれから数年経った後、巫女さんが年上のシズニ持ちさんに引き継いでビックリしたものの(年上に引き継ぐのは珍しくはない)、更にその巫女さんからディディちゃんに引継ぎが行われ、その数日前にはキーリカも神官になり、夫婦で神官と巫女にもなりました。

キーリカが成人した頃から、よーしじゃあ武術がんばっちゃうぞー!していたディディちゃんは、近衛に2回、魔銃に1回チャレンジしましたが、ことごとく阻止しました。許してほしい、毒を食らわば皿まで綺麗に食い尽くします…。

 

現在は夫婦二人三脚日々のお仕事に励みつつ子沢山を目指しております。

おしまい。

 

(これらによるわかったことは神職就職マニュアルにまとめています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください