【ク】ゴルゴ記6:大胆に。

ククリア日記6回目です。

1回目はこちら。5回目はこちら

  • 画像がとても多いです。
  • ほぼ中の人目線で書いていますので創作控えめです。
  • 紫まつり真っ最中です。

ご注意ください

 

それから。

20日、帰り際のことでした。

違う女とデートしていたことをクルリに目撃されて慌てたのでしょうか。

qk001_00158

デートに誘ってきてくれたので、まぁ、とりあえずOKをしました。

 

翌日、待ち合わせの庭園へ行きます。

qk001_00159

神官さまもデートしてるみたい。ダリーナさんと順調みたいですね~。

そうこうしている内にチガントさんがやってきました。

qk001_00160

今回は学校の裏に行くみたいです。

 

どこか懐かしい気持ちになる学校の裏…

qk001_00161

久しぶりに二人の気が合いました!

 

qk001_00162

ナルルにもこういうところ、ありましたよね~!懐かしいです。

 

qk001_00163

おやおやそんな事を言っちゃって…

(でもナルルでもあったあった~って嬉しくなりますねこれ)

 

話をしているとチガントさんがこんなことを。

qk001_00164

お嫁さん……一体誰を貰う気なんでしょうか(疑り深くなっています)

 

 

中の人がチガントよくわからん!とか思っている間にデートは無事に終了。

家まで送ってもらいます。

qk001_00165

(またそんなことを……とか思っちゃいますよね、どうしてよい返事くれないのかと)

 

そうそう、この時期やっとククリアの方針があることに気付きました。

qk001_00166

国王の髪型まであるんですか!!

 

そんな国王様、21日お誕生日でした。

qk001_00167

あんまりご機嫌がよろしくないようです…。

引っ込み思案な性格なのに活発な髪型がお嫌なのかしら…などと。

 

 

その夜、久しぶりにリンネちゃんのお誘いがありました。

qk001_00168

もちろんいきますよ~!可愛い妹の誘いですもの!

qk001_00169

もちろん奢ってあげますよ!

 

楽しいひと時を過ごして帰り際に話しかけると…

qk001_00170

おお、姉をパシるのね…!いいよ!いいよ!

後日、

qk001_00179

qk001_00180

ちゃんと終わらせましたよ♪

そしてこの時ようやく親友状態になりました。結構長かった気がします。

 

 

時間は戻ります。妹と飲みに行った後、家が近所ということもあって

チガントさんの家へ行ってみることにしました。

qk001_00171

…いませんね~。帰ってくるでしょうか、と待っていると

明け方近くになって帰ってくるチガントさん。

そして

qk001_00172

誰か会いに来ている…レイチェルさん…どちらさま…?

 

qk001_00173

ついつい確認しちゃうクルリでしたが、チガントの答えはそっけないです。

 

qk001_00174

一緒にいて楽しいのかという質問にもこんな感じの有様……

 

流石にクルリちゃん(と中の人)でも、いい加減心が折れそうになってきます。

 

qk001_00175

こんな選択肢が出るようになってきました……(流石に選びませんでしたが)

 

かなり好感度下がってしまってるようです……

まさか自分のプレイでここまで落ちるとは思っていなかったので、かなりショックです…

それによく見ると ♪ がついていますね。

もちろんクルリとは約束なんてしていません……

 

qk001_00176

ああ、フェリックスさんもデートですか?

 

あれ、そういえばダリーナさんって…えっと

qk001_00159

↑! この神官様の恋人じゃないですか。二股かけられてたんですね。。。

qk001_00177

(肉食ククリア王国こわい…と思いながら見つめてしまうクルリ)

 

qk001_00178

はいはい、チガントさんのデートのお相手はもちろんあなたでしたね…

帰ります(もう追いかける気持ちにもなりませんでした)

 

なんだかとっても腹立たしいので、香水をつけてみることにしました。

qk001_00181

いい香りです♪

 

qk001_00182

何人かには張り切りすぎと言われてしまいましたが、

可愛いジョーディ君には気に入ってもらえてるみたいでちょっと嬉しい。

 

少し自信がついたので、クルリは勇気を振り絞って……

qk001_00183

公衆の面前でチガントさんにキス!

 

カサンドラがこっちをガン見しているし、フェリックスさんも通り過ぎていきます…

クルリらしからぬ大胆な行為…でもそうしないと本当に心が折れそうでした。

 

qk_20131015_1

 

香りとキスの効果なのか、

qk001_00184

チガントさんの確認が入りました。もちろん、とは答えておきます。

 

この時久しぶりに仕事をしてみたのですが、

qk001_00185

この畑、カサンドラとチガントさんが結構長い時間一緒にいるんですよ……

二人はどこで出会ったんだろう?って思っていたのですが

どうもこの畑でずっと接触しているうちに、そういう関係に発展したみたいです。

盲点だったなぁ………

 

クルリはといえば、いつもいむにご飯を与えるか、訓練をするかしかしていなかったので

そりゃいつも会っている人のほうに走るよなぁ……

って反省しました。はぁ……。

 

今後どうなるんだろう…というかどうしたらいいんだろう…

クルリと中の人の悩みはつづきます。

qk_20131015_2

←前のゴルゴ記へ次のゴルゴ記へ→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。